■事業紹介
 
  事業内容
  取引案内
 
 ■検査
 
  検査依頼方法
  検査案内
  判定基準
  染色方法
  再検査と検体保存期間
 
 ■病理の基礎知識
 
  病理学について
  病理医について
  病理診断の種類
 

  
■ 病理医について
  
   組織や細胞の採取は、外科医・内科医・産婦人科医などの臨床医が行いますが、 採取された組織からつくられた標本を顕微鏡で観察して診断をするのが「病理診断」で、 この病理診断を専門とする医師が病理医となります。

 病理医は診療行為の精度管理に重要な役割を担っています。 特に癌の診断については病理医による病理診断が不可欠といっても過言ではありません。

 しかし患者様から直接、検体を採取したり治療行為を行ったりしないため、 日本ではあまり病理医について知られていないのが現状です。



  
Copyright (C) 2006 Tokyo Central Pathology Laboratory Corporation. All Rights Reserved