■事業紹介
 
  事業内容
  取引案内
 
 ■検査
 
  検査依頼方法
  検査案内
  判定基準
  染色方法
  再検査と検体保存期間
 
 ■病理の基礎知識
 
  病理学について
  病理医について
  病理診断の種類
 

  
■ 依頼書
  
 病理組織学的検査 依頼書 細胞診検査 依頼書 血液学的検査 依頼書
  検査依頼書 記載事項
  ・ 患者氏名、性別、年齢、検体採取年月日(採取時刻を含む)
  ・ 委託元名称 及び 提出医師の氏名
  ・ 検査依頼項目、検体種類、採取部位、採取方法
  ・ 臨床診断名、臨床経過
  ・ 最終月経、月経周期、妊娠周数等(婦人科の場合)
  ・ 緊急連絡先
  ・ 他血液検査の結果等(血液学的検査のみ)
  
■ 検体容器
  
 病理学的検査
  ・ 病理組織学的検査用
   各種 固定瓶
  
  ・ 細胞診検査用
   婦人科材料
     自己採取法容器(SSP、加藤式、ホームスメアー等)、スメアスライドガラス
   その他材料
     喀痰容器(サコマノ式、YM式等)、スピッツグラス、スメアスライドガラス等
  
 血液学的検査
  ・ 血液学的(骨髄像)検査用
   塗抹・固定済みスライド
  
■ 検体ラベル
  
 当社専用の検体ラベルをご使用ください。
  検体ラベルの記載事項
  ・ 患者名、性別、年齢、検体採取年月日(採取時刻を含む)
  ・ 検査依頼項目、検体種類 及び 検体識別番号 等
  ・ 委託元名称及び提出医師の氏名
  ・ 緊急時連絡先
 (塗抹スライドをご提出の場合、フロスト部分にガラス鉛筆等で患者名、採取年月日をご記載ください。)
 サインペンでは消えることがあります。絶対に使わないで下さい。
  
■ 検体量
  
 病理学的検査
  ・ 病理組織学的検査・・・・・・・充分量(詳細はお問い合わせ下さい)
  ・ 細胞診検査・・・・・・・充分量(詳細はお問い合わせ下さい)
  
 血液学的検査
  ・ 骨髄像検査 ・・・・・・・充分量(詳細はお問い合わせ下さい)
  
■ 検体提出方法
  
 病理学的検査
  ・ 病理組織学的検査
    検体採取後速やかに10〜20%ホルマリンにて固定して下さい。
    (固定液量は提出組織の50〜100倍量)
    注) 固定不充分な検体は再固定、または依頼をお断りすることもあります。
  
  ・ 細胞診検査
    指定の固定法にてご提出下さい。 ( 検査案内書を参照 )
  
 血液学的検査
  ・ 骨髄像検査
    指定の固定法にてご提出下さい。 ( 検査案内書を参照 )
  
 検体は原則として院内検査室でまとめて当社営業員へご提出下さい。
  
Copyright (C) 2006 Tokyo Central Pathology Laboratory Corporation. All Rights Reserved