■事業紹介
 
  事業内容
  取引案内
 
 ■検査
 
  検査依頼方法
  検査案内
  判定基準
  染色方法
  再検査と検体保存期間
 
 ■病理の基礎知識
 
  病理学について
  病理医について
  病理診断の種類
 

  
■ 検体お預かり
  
 @ 病理組織ブロックは、原則として5年間保存致しております。
 A 切り出し時残検体は、原則として6ヶ月間保存致しております。
 B 細胞学的診断検体は、原則として4日間保存致しております。
 尚、検体返却をご希望される場合は、事前にご連絡またはご相談下さい。
  
■ 再検査
  
 再検査は、必要に応じ実施致しております。
  

Copyright (C) 2006 Tokyo Central Pathology Laboratory Corporation. All Rights Reserved