沿革

昭和57年06月 委託検査業務(病理組織検査、細胞診検査)、理化学機器の販売を目的とし、㈱セントラルクリニカルラボラトリーを設立
昭和58年12月 衛生検査所登録(衛医医登 第117号)
昭和59年04月 動物組織標本作製受託開始
昭和61年10月 GCLPに基づく精度管理体制の整備
昭和62年12月 業務拡大に伴い、社名を
(株)東京セントラルパソロジーラボラトリー に変更
平成02年12月 業務拡大に伴い、八王子市に本社移転
(衛医医登 第182号)
平成07年02月 財団法人 医療関連サービス振興会より医療関連サービスマークの認定証の交付を受ける
平成15年05月 資本金3千5百万円(株主割当増資)
平成17年07月 新社屋完成
業務拡大に伴い、八王子市丸山町から宇津木町に本社移転
(福保医安登 第227号)
平成17年12月 資本金5千7百万円(第三者割当増資)